『コードブルー3』第1話が放映されましたね。ここではその感想をヤフーの調査結果の発表からまとめました。第1話、どうだったの?第2話が始まる前に必ずチェックしておきましょう。そして、今後の中も注目点もチェックしておかないと乗り遅れますよ!

『コードブルー3』 みんなの感想 ヤフー調査 視聴率

第1話あらすじ
翔北救命救急センターは人手不足な状況にあった。

フェロー(フライトドクター候補生)3名、新人ナース1名が入ってきても忙しさは増えるばかり。

そんな中、フライトドクターの三井(りょう)が辞めることになる。

橘(椎名桔平)に三井の辞める理由を聞くがプライベートなことだから、と教えてもらえない白石(新垣結衣)。

その代わりに緋山(戸田恵梨香)が戻って来ることにはなっているが…。

一方、翔陽大学附属病北部院の脳外科では、世界屈指の水準を誇るトロント大へ臨床医師の話がきていた。

1つだけの席を争うのは、新海(安藤政信)と藍沢(山下智久)の2名。

藍沢は脳外科として働いているものの、救命からの手伝いの声がかかれば今でもすぐに駆けつけていた。

緋山が戻ってきても人手不足が改善されないそんな状況を目の当たりにする藍沢に、橘は「戻ってこないか」と声を掛けるが、「救命に戻る気はない」と藍沢は誘いを断る。

しばらくして救急センターに仕事の連絡が入る。

七夕祭りで大きな事故があり、重傷者も軽傷者も大勢出ているということだった。

白石、緋山、藤川(浅利陽介)、フェロー3名はすぐに現場に駆けつける。

フェローの横峯(新木優子)は現場の騒然とした様子に気が動転してしまう。

なんとか心を落ち着けたものの、民家の瓦礫の中で立ったままの状態で挟まれている血だらけの少年を見て、トランシーバーを使用することも忘れ、白石に助けを求めに行く。

少年の治療にあたる白石のもとに緋山も応援に駆けつけるが、破水してしまった女性がいるため白石に少年を任せて救助に向かう。

少年は頭部外傷が酷く、動かせない状況にあり、救出までまだ30分かかるという。

救助の手が足りない白石は、祈る思いで藍沢に電話をかける。

すると、すぐに現場に向かってくれる藍沢。

到着して早々白石に対して「白石、指揮官になれ。治療ができる医者は他にもいる」と言う藍沢。

その言葉に白石は現場を駆け回り、怪我人の治療や搬送先の手配を着々と行っていった。

その日の夜、緋山だけが残る救急センターのスタッフルームに小児科の女性が訪ねてくる。

「橘先生に検査結果を急ぎで渡すように言われているんですが…」と言われ、書類を受け取った緋山は、その内容を見て、小児科まで走る。

そこには、6年前に拡張型心筋症になってしまった橘の息子・優輔と、優輔を見守る橘と三井の姿があった。

人手不足の時に理由も言わずに辞める三井に対して腹を立てていた緋山だったが、息子の命が残りわずかで側にいたいという三井の言葉を聞き、ショックを受ける。

翌朝、三井の休職発表の後で橘が「新しく加わるフェローの指導員だ」と紹介したのは、藍沢だった。

エレベーター内で「どうして救命に戻ったの?トロント大に行きたいんじゃなかったの?」と聞く白石に「夏は脳外科の患者が少なく、新海と取り合いになる。それなら救急の脳外科患者を独り占めして症例を増やしてアピールする」と返す藍沢。

エレベーターを降りた後、白石に向かって一言付け加える。

「それに、救命にはお前がいる」

『コードブルー3』 みんなの感想 ヤフー調査 視聴率

『コードブルー3』 みんなの感想 ヤフー調査 視聴率

『コードブルー3』 みんなの感想 ヤフー調査 視聴率

『コードブルー3』 みんなの感想 ヤフー調査 視聴率


https://twitter.com/mizyukiti0608/status/888458023282159618

『コードブルー3』 みんなの感想 ヤフー調査 視聴率

みんな『コードブルー3』にドはまりですねえ!

この暑い夏、出かけないで、『コードブルー1』『コードブルー2』と続けて見ちゃいましょうよ。
無料視聴はこちらから