11月29日、あさイチで、『男性ホルモンの減少』とうつと更年期の違い、対策について紹介されました。女性の更年期障害と似ていますが、男性ホルモン補重療法、日常の注意、家族が気をつけること。ご主人のメタボ、最近怒りっぽくなったご主人へ家族の対処法です。




すべて男性ホルモンの減少だった!

A さん
最近、すぐに怒るようになった
B さん
いつもイライラしている
C さん
急に声を荒げて怒り出してびっくりした

ご主人が以前と変わってきたのを実感していませんか?



仕事の疲れがきついのか、男性ホルモンの減少が原因なのか、症状が似ているため、判断がしにくいところです。
ストレスの場合は鬱につながります。

男性ホルモンの減少は、改善できます!

急に声を荒げて怒りだす。
食後眠くなる
毎日怒っている

この症状は、ストレスも男性ホルモンの減少も共に現れるものです。

男性ホルモンが減少している兆候は、
筋肉が減り太りやすくなるのです。

メタボだから、太りやすいのは…年だからしょうがないと思っていませんか?

仕事に影響してくる

男性ホルモンとはテストステロンというホルモンが大きく影響しています。


男性ホルモンの役割

テストステロン


骨や筋肉、精子生成、やる気、判断力
中年男性病の予防
動脈硬化予防、高血圧予防

女性にも男性ホルモンがあるのです。
骨格、血液作る、性欲に影響します。
閉経後も男性ホルモンは下がらないため、女性ホルモンは減るので、性欲は残る場合があります。


頭痛、不眠、イライラ、めまい、火照り、パニック、頻尿、筋力冷え
(ただし、男性全員には出るわけではありません)
仕事のストレス=男性ホルモンいっきにが減る。ストレスが影響が大きい

A さん
ストレスでも、更年期でも男性ホルモンは減るのね



対処法

更年期とうつ病の見分け方は難しいです。

ほてり、発汗など…


うつもテストステロンが減るので、症状が更年期と似ているのですね。


症状が重い場合は泌尿器科を受診しましょう。
泌尿器科では『男性の更年期障害かどうか』チェックシートを記入します。

・発汗、良く眠くなる、イライラする、性欲の低下、気力の低下
・血液検査:男性ホルモンの濃度測定をします。
基準:8,5pg/ml
それ以下はテストステロンが低下しているということです。



泌尿器科での治療内容

一般的には男性ホルモンの注射(月に1回)3=6か月を目安に行われます。


つらい時期を乗り越えることが目安で、症状が強い人は注射を続ける必要があります。1回数千円。それぞれの症状6~7割が改善しています。
男性ホルモン注射の副作用:前立腺が大きくなる、多血症、腫瘍マーカーの高い、人は治療が難しい


市販薬(薬局)で軟膏を陰嚢に塗る(病院にはない)

漢方薬(柴胡加竜骨牡蛎湯さいこかりゅうとくさん)

※すべての泌尿器科が詳しいとは限らないのでHPで調べてから受診をおすすめします。


漢方薬の効果

あさイチの中では、漢方薬と日常生活の改善から、症状が劇的に改善された事例が紹介されました。


番組の中では、52歳の中村さんが取り上げられました。
治療開始から10日後。
3日前からいい感じに
漢方薬1日3回食前に服用する。


主治医おすすめの食材を10日間に3回食べました。それはとろろ。ジオスゲニン=男性ホルモンを増やすと言われています。

適度な運動。毎日40分ウォーキング。


3週間後:チェックリスト17項目すべて改善された。

中村さん さん
そんなに急には変わらないだろうと思っていた。イライラ間、焦りが全くなくなった。仕事にも前向きになった。

血液検査でのデータは急激には変わらないので半年後に行うそうです。

中村さん さん
霧が晴れた。明らかに違う



生活の見直し

 


薬に頼るだけでなく、睡眠、運動、食事を見直すことが重要です。


食材:とろろ、玉ねぎ、カキ
お勧めスポーツ:チームスポー・・・ 競争心、協調性
家族からは:褒める、達成感満足感,、否定的なことを言わない

まとめ

男性の更年期障害の症状は、ストレスからと思いがちですが、男性ホルモンの減少からくる更年期障害の場合は、改善できることが明らかになりました。


ストレスの場合は鬱につながりますので、症状がひどい場合は泌尿器科にかかることがベストだということがわかりました。
夫が明るくなると家庭も明るくなりますね。
皆さんも是非参考にしてみてくださいね。



解決法