林修の今でしょ!講座3時間スペシャル。健康長寿1000人が答えた健康で老けない秘訣が8月29日に放映されました。長生きの秘訣が分かる特別企画です。健康長寿のお年寄りの食事から生活習慣まで徹底検証。肉料理・発酵食品・飲み物・睡眠・お風呂…普段良く食べる物や生活習慣を取材!

林修の今でしょ!講座3時間スペシャル健康長寿1000人が答えた健康で老けない秘訣8月29日

1000人のご長寿の長生きの秘訣を検証しました。
更に番組では長寿の村へ潜入し、より深くその秘訣を調査。
ご長寿のビッグデータを作成しました。長生きの方々よく食べる肉とは?
肉が良いのは以前ためしてガッテンでも検証済みです

また高齢者は高校生以上に良質なタンパク質を取る必要があります。
またお肉をよく噛む時には下半身に力をしっかりと入れることが出来ることにもつながるので、お肉を食べることが出来るというのはご長寿の秘訣としてはとても大切なことなんですね。

ご長寿が食べる肉は

3位とんかつ
2位ステーキ
1位は

焼肉!

焼肉を食べると幸福を感じるホルモンが出るそうです。
また、肉を食べる時は噛むことによって全身の筋肉を使います。

専門家の先生は、豚肉も進めます。
第1位の豚肉にはビタミンBがとても豊富に含まれています。
豚肉は食材の中でも圧倒的にビタミンBを多く含まれています。
ビタミンB認知機能を保つのにとても効果があるのも特徴です。

専門家の先生のおすすめする豚肉の部位は?

1.レバー・・・鉄分が豊富なのはもちろんのこと、貧血予防、ビタミンAで美肌効果、ビタミンB6でアレルギー改善効果がありますので、若返りだけでなくおすすめです。

2.ミノ・・・たんぱく質が豊富で免疫力アップ・筋力アップにつながる。噛み応えもあるので脳の活性化にも役立ちますね。

3.タン塩・・・タウリンが豊富で疲労回復効果や筋力アップにつながりますし、個人的には焼き肉が食べたくなってきました。

林修の今でしょ!講座3時間スペシャル健康長寿1000人が答えた健康で老けない秘訣8月29日

発酵食品

言わずと知れた発酵食品。

キムチ、納豆を押さえ1位は

ヨーグルトでした。

そのほか
100歳以上の方が1週間に3日以上食べているものベスト10です

10位 梅干し 41人
9位 サバ 43人
8位 りんご 46人
7位 ヨーグルト 50人
6位 豆腐 53人
5位 キャベツ 55人
4位 さけ 61人
3位 鶏肉 65人
2位 納豆 68人
1位 豚肉 

林修の今でしょ!講座3時間スペシャル健康長寿1000人が答えた健康で老けない秘訣8月29日

入浴

ご長寿の入浴法です。

毎日浴槽につかる。

「不老長寿」(風呂長寿)とのギャグも出ました。

介護状態になりにくい結果が出ています。
その理由は
1.体が温まり、体の柔軟性が増す。
関節などの柔軟性が増し、ケガがしにくくなる。

2.血液の流れが良くなり老化抑制となる。
血管が広がり流れが良くなることで体の細胞が傷みにくい。

3.入浴時間
浴槽に10分つかる。
温熱効果。あまり長く入る必要はない。
体温が上がりすぎると熱中症のリスクも上がる。

4.お湯の温度
40度
38度は体温に近く温熱効果は得られない。
少し高めの40度は温熱効果が期待できる。
42度以上は高齢者にとって血液が急激に上がるのでリスクが大きい。

5.入浴によって肺炎予防になる方法
湯船から湯気が出ているので、湯気を吸うことによって気管の吸収を高める。

林修の今でしょ!講座3時間スペシャル健康長寿1000人が答えた健康で老けない秘訣8月29日

睡眠編

睡眠は時間と質が重要です。
深く眠っている時間に疲労物質が排出されます。
1.時間
7時間
アメリカでも100万人以上の検証の結果から7時間の睡眠がベストだと発表されています。

2.姿勢
あおむけ、大の字
睡眠の質をあげるためには姿勢が大切です。
いちばんいいのは大の字です。
手足を広げることによって深部体温が下がり、眠気が出て睡眠の質が上がる。

林修の今でしょ!講座3時間スペシャル健康長寿1000人が答えた健康で老けない秘訣8月29日

ご長寿村

骨が丈夫な町

鹿児島県伊仙町。
東京から2000キロはなれた徳之島の伊仙町です。

ご長寿で有名な泉重千代さん。
日本最高齢の130歳を記録
もう一人は116歳、本郷さん。
この2人が住んでいた町として有名です。

100歳で一人でサトウキビを作っている元気なおじいちゃまが映りました。
100歳以上が21人。全国平均の6倍の数字です。
健康診断に協力してもらったところ、骨密度が大変高いことがわかりました。

骨が若々しい食事の6つの習慣

1.骨付き豚肉
あばら肉と呼ばれる骨付き豚肉
どんな料理なのか。
豚肉のおから和え、豚の骨汁。
味噌汁に入れるのが定番だそうです。
と、とにかく豚肉をよく食べる習慣でした。

理由:毎日骨付き肉にを食べることによってカルシウムを取り、骨が丈夫な体を作る。

骨付きの鶏肉でも同じ効果が期待できます。

2.野草
長命草(ちょうめいそう)と言う薬草。
ビタミンミネラルが豊富。
油で揚げて小腹がすくと食べる。
パパイヤと一緒にジュース。

ヨモギを煮出してお茶にする。
ヨモギと黒糖を練りこんだお餅。

3.調味料からの自然のミネラル摂取
黒糖を使用する。
白砂糖に比べミネラルを多く含むといわれています。

塩:島の海水から作られた塩を使っている。
水道水:島の水道水(硬度が高い)から高濃度のカルシウムやマグネシウムが含まれている。

4.毎日散歩
400年前から町のほとんどの家で闘牛のための牛を飼っているため、毎日、牛の散歩が欠かせない。
牛が言うことを聞かない時は力づくで引っ張るときもある。

5.毎朝海中ウォーキング。
膝の負担が少ない海でウォーキングをしている女性グループも。

6.仕事は生涯現役
島民のほとんどが農業や牧畜で生計を立てているため、仕事は生涯現役。

血管が老けない町

静岡県川根本町
川根本町は緑茶の産地と知られています。

人口の50%がご長寿。
血管年齢を測ると、多くの方が本当に10歳以上若いことが判明しました。
番組が調査すると、理由は4つの食習慣にありました。

血管が老けない4つの食習慣

その1.緑茶
座れば飲む。一日10杯は飲む。
お茶が動脈硬化を予防し血管年齢を若く保つ。
カテキンが非常に多い緑茶はコレステロールの増加を抑える。
カテキンは70度-80度で多く出ます。

その2.茶葉を食べる
茶葉をそのまま天ぷらにして食べています。
茶葉には水に溶けないビタミンB (がん予防老化抑制)
出がらしを使っても栄養を摂取できます。

その3.はちみつを食べる。
はちみつのカリウムが高血圧予防。
はちみつはカロリーが少なく、ミネラルビタミンが豊富。
それを発酵食品のヨーグルトにかけることは大変良いですね。

その4.らっきょう
毎年自宅でラッキョウ漬けを作り食べている。
硫化アリルが血流を良くし、動脈硬化を防ぐ。

黒はんぺん
静岡ではよく食べられている黒はんぺん。
はんぺんと言えば白ですが、これは白身魚で作られている。
一方黒はんぺんはイワシなどの魚を皮ごと使っているので栄養が優れています。

林修の今でしょ!講座3時間スペシャル健康長寿1000人が答えた健康で老けない秘訣8月29日

朝食に良く食べるもの第1位…

朝食に良く食べるもの第1位…緑茶

まとめ

本日の林修の今でしょ!講座3時間スペシャルのなかで出てきた健康で老けないデータをまとめました。



食べ物:朝食に卵、はちみつをかけたバナナヨーグルトと牛肉、骨付き豚肉を食べる。緑茶をたくさん飲む。
入浴:毎日40度の湯音の浴槽に10分つかる。
睡眠:7時間大の字またはあおむけで寝る。
運動:毎日ひざに負担をかけない運動をする。
そのほか:ストレスをためない。



どうでしたか?
肉を毎日食べるとは意外でした。

そのほかは案外身近で簡単なことばかりでしたね。
さっそく明日から始めてみましょう。
長生きできる医療の整った日本ですが、長生きしても健康でなければ家族にも迷惑をかけますし、なにより自分自身がつまりませんよね。

健康で長生きしましょうね!