ドラマ「コードブルー3」早くも第5話となりました。あらすじとネタバレ感想をお届けします。第5話は「過去」。予告では妊婦の (比嘉愛未)が倒れこむシーンがありましたね!えっ?流産しちゃうの??これって第3話と関係しているのか…?


ドラマ「コードブルー3」キャスト

藍沢耕作 山下智久、フライトドクター
白石恵 新垣結衣、スタッフリーダー
緋山美帆子 戸田恵梨香、フライトドクター
冴島はるか 比嘉愛未、フライトナース
藤川一男 浅利陽介、フライトドクター
名取颯馬 有岡大貴、フェロー
灰谷俊平 成田凌、フェロー
横峯あかり 新木優子、フェロー
雪村双葉 馬場ふみか、新人ナース
新海広紀 安藤政信、脳外科医
橘啓輔 椎名桔平、救命部長
三井環奈 りょう


第5話のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。

そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。

初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。

一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。

今までのあらすじ


第1話のあらすじ

医師として10年以上のキャリアを持った彼らは仕事もプライベートも自分の人生と向き合い始める年代に達しそれぞれの道を歩みだしていた。


藍沢耕作(山下智久)は翔陽大学附属北部病院の救命救急センターを離れ、脳外科医として研鑽をつみさらなる高みをめざし日々オペを行っている。

白石恵(新垣結衣)は人手不足の翔北救命救急センターで今やフライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘していた。


かつてはともにフライトドクターを目指していた緋山美帆子(戸田恵梨香)
は、翔北病院を離れ周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた。


冴島はるか(比嘉愛未)は、今もフライトナースとしての道を究め続けエースとして活躍中。


また藤川一男(浅利陽介)も白石と共に翔北救命救急センターを支える整形外科専門の救命医となっていた。

彼らの成長を語る上で橘啓輔(椎名桔平)の名を挙げないわけにはいかない。


そんな橘は救命医として活躍を続けているが現在、息子についてある厳しい局面に立たされていた。橘が葛藤する理由とは。



動画で見たい方はこちらからどうぞ 
フジテレビ公式サイト


そんな救命センターに新たにフライトドクターを目指すフェロー・名取颯馬(有岡大貴)、灰谷俊平(成田 凌)、横峯あかり(新木優子)、フライトナースを目指す雪村双葉(馬場ふみか)がやってくる。


フェローたちは使い物にならないと救命センターの誰もが嘆く中、白石は人材不足の中、彼らを戦力にするしかないと必死に育てようと努力する。



第2話のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)が救命救急センターに戻って一週間が経過した。

しかし、白石恵(新垣結衣)と藍沢のフェローへの指導方針などを巡るぶつかり合いは、緋山美帆子(戸田恵梨香)や藤川一男(浅利陽介)も辟易するほど。

横峯あかり(新木優子)への藍沢の指導の厳しさは、センターを円滑に回したい白石にとって許しがたいものだった。白石は藍沢の復帰を願ったことを早くも後悔し始める。

そんな折、開放骨折の患者、宮本望海(古畑星夏)が救急搬送される。17歳の望海は妊娠していることがわかり、駆けつけた父の勉(平山祐介)はHCU(高度治療室)でほかの患者が寝ていることも顧みず大声で娘をしかり始める。出産を望む望海に勉は大反対しているのだ。

妊娠で悩んでいるのは、この親娘だけではなかった。藤川は冴島はるか(比嘉愛未)の懐妊を知ったものの本人から話してくれないため聞くこともできずに思い悩んでいた。藤川は、そのことをうっかり白石や緋山に話してしまう。そこには藍沢もいた。

藍沢は人体模型を使って胸腔ドレーンの練習をする横峯を見つけ、ICU(集中治療室)に連れていく。意識がない患者を最高の練習台と語り練習を促す藍沢の考え方についていけず横峯はついに泣き出してしまう。傍では灰谷俊平(成田凌)が震える腕を必死で押さえているなど白石は救命センターの現状に頭を抱えてしまう。

ギスギスした師弟関係のまま、ドクターヘリ要請を受けた藍沢と横峯は現場へ飛ぶ。マリーナでクレーンによって吊られた船が落下して、親子3人が怪我をしたらしい。機内で緊張する横峯に、藍沢は3人全員の処置を任せると言い放った。




第3話のあらすじ

翔陽大学附属北部病院救命救急センターのフライトドクターだった藍沢耕作(山下智久)は同病院の脳外科に、緋山美帆子(戸田恵梨香)は青南周産期医療センターで産婦人科医とし手働いていました。残った白石恵(新垣結衣)はスタッフリhttps://twitter.com/x4PSl0QG8Yu3cAO/status/893963246637531137ーダーとして、藤川一男(浅利陽介)はフライとドクターとしてフェローたちの指導、救命で毎日忙しい日をすごしていました。

救命部長の橘啓輔(椎名桔平)と三井環奈(りょう)の息子は、拡張性心筋症で、移植手術をしないと助からない状態が長く続き、時間の問題となってきました。そこで、三井先生は、残された時間を一緒にすごそうと休職することに決心しました。そこで、理由はいわずに、緋山に頭を下げて救命に戻ってもらうように頼みました。

藍沢も、救命が忙しくなって白石からコンサルを頼まれたときには、必ず救命に手伝いに行っていました。あるとき、大事故が起きて、フライトドクター、フェローたち全員が現場に行きましたが、白石もどうして良いのかわからなくなってしまい、藍沢に電話をしました。すべてを聞く前に、白石の声から事情を読み取り、現場に急行します。そして、白石に、「指揮官になれ」とカツを入れて、白石の目を覚まさせました。その後、白石は現場の指揮官をうまく演じることができて、自体を収束に導くことができました。

今のままでいいのか悩んでいた藍沢は、「どこにいてもいい」といわれた白石の言葉から、救命に戻る決意をしました。

救命に戻ってきた藍沢は、フェローの横峯あかり(新木優子)に対してきびしい指導を行います。逆に白石は、気の弱い灰谷俊平(成田凌)に対して手取り足取り優しく教えてることで、二人の間に指導方法で対立するようになってしまいました。ですが、藍沢の「よくやった」と横峯に掛けた言葉で、かつて黒田先生たちに同じように言われてうれしくなったことを白石は思い出して、フェロー達の成功も失敗も一緒に背負っていくことを再び決意しました。


<命とその人が命よりも大切だと思っているもの。どちらかを選ばなければならない。中には命を捨ててでも、大切なものを選びたいと言う人がいる。それでも、医者は命を優先する。命さえあれば、いつか大切なものを失ったつらさをも乗り越えられると医者は信じているから。けれど、失うものがあまりのも大きいときは、医者は、どうすればいいのだろう>



第4話のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)に、天野奏(田鍋梨々花)がけいれん発作で入院したという報告が新海広紀(安藤政信)から入る。新海は、奏が藍沢と話したがっていると伝えた。奏はこのような状況でもまだ手術は受けないという。望みは藍沢の説得なのだ。しかし、奏に藍沢もなんと声を掛けてよいか分からない。


そんな中、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入った。同時に橘啓輔(椎名桔平)には、三井環奈(りょう)から長男、優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。橘はドクターヘリを藍沢に任せ、息子の元へ駆けつける。すると優輔の口元には吐血した痕跡。三井によると、優輔は急に腹痛を訴えたらしい。橘は循環器内科医師、井上宣顕(滝藤賢一)とともに、急遽、初療室で優輔の処置に当たる。


一方、藍沢、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)は河川敷に降り立つ。事故現場を目指し花火大会に向け集まっている大勢の野次馬たちを駆け抜け、たどり着いた患者の姿を発見し驚く。8歳の少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。現場での処置は難しいとの名取の判断で、少年はすぐさま翔北の初療室に運ばれる。そこでは、橘が優輔の治療を続けていた。


藍沢の監督のもと、名取、横峯あかり(新木優子)は少年の治療にあたる。白石恵(新垣結衣)たちも加わるが、少年の治療にはあらゆる困難が立ちはだかっていた。


動画で見たい方はこちらからどうぞ 
フジテレビ公式サイト

バー・めぐり愛で
白石、緋山、冴島たちが。
白石、緋山:結婚おめでとう!

冴島が先に帰ったあとで。
緋山が愚痴っている。救命があっているから、前の職場に戻ってこなくて良いと。
冴島:白石、あんたがそんなだから、こんなことになるんだからね。
白石:そんなこと言ったって。フェローたち、育てるの簡単じゃないんだから。

藍沢に新海から電話。天野奏が、調子が悪い。手術をしないと言っている。説得して欲しいと。

冴島は、しばらくしたら休職することに。雪村がそのぶん頑張ると。

キャンプ場で、ボンベが爆発。
30代男性と8歳の子供が怪我

橘の息子が急変。
処置室に息子を運ぶ。
ファイバーだけでなんとかできそう。

8歳の子供の首に、串が刺さっている。
藍沢と名取。
ヘリで搬送して、慎重に抜くこと。

名取:血管を縫合します。
藍沢:教科書通りならそうだ。
しかし動脈瘤があるかもしれない。

橘の息子は、胃炎だった。
時間がなくなってきていると。

8歳の子供、健太郎。首の血管を遮断しようと思ったが、血流が足りない。
新海がやってくる。
一時的に、左脳に送る血管を作る。

藍沢と新海が、2人で手術する。
血管をつくったあとに、鉄串を抜く。
血管を縫合する。

横峯:あそこまでなれるのかな。
名取:医者が全員名医でなくても良いだろう。

天野奏は、頭痛がひどい。

頚椎を損傷した緒方が、自分の店のことで、店員ともめている。
それを、緋山が見ている。

三井:なんで避けるの?
橘:こなくて良いって言うんだ、あいつが。親の邪魔になるが辛いんだよ。普通にしていて欲しいんだ。
三井:あの子、あなたの前では強がるの。本当は一人の時間が不安なはずよ。だって、心臓がいつ止まるかわからないのよ。
橘:そうだな。なるべく行くようにするよ。

橘と緋山
橘:辛気臭い顔してんな。
緋山:三井さん、大丈夫ですか?
橘:大丈夫だよ。知ってるだろ、あの三井かんなだぞ。

橘の息子の友人、同じ心臓に問題がある、暁人が心停止
血が溜まっている。心破裂

橘:優輔が810日目。暁人君は、635日目だった。移植ってな、だいたい1000日待つんだ。毎晩、寝る前は、明日は目が覚めるのかと不安になり、目が覚めれば、心配になる。そう言う毎日を乗り越えて、順番が回ってくる。でも、その日、風邪を引いていたら、他の人に回される。だから優輔は3年間。ろくに外にもでてない。毎日何もないことだけを祈ってる。

優輔:暁人は?全然帰ってこないんだけど。
三井環奈:あのね。あの
橘:優輔、暁人くんな、亡くなったよ。頑張ったよ、すごく。
優輔:うん。いいよ、行って。
橘:じゃあ、またあとでな。

橘:たまらないな。でも優輔はもっとたまらないよ。しかも、次は自分かと思う。なのにあいつは俺たちの心配をしてる。命の瀬戸際にいるのはあいつなのに。だから頼む、笑顔でいてやってくれ。あいつは、お前のことが一番好きなんだ。
環奈:笑ってあげたい。でも、どうやったら笑えるの?

串が刺さった子供は助かった。花火を見たかったと言い出す。
ここからも見られると、ベッドを移動させる、冴島と雪村
雪村:あそこまでしてたら、時間がいくらあっても足りないと思うんですけど。
冴島:で、フライトしてどうだった?
雪村:あのお母さんがパニックで大変でした。
冴島:あなたの顔を見たら安心する、そんなナースにあなたにはなって欲しいの。



動画で見たい方はこちらからどうぞ 
フジテレビ公式サイト

橘は、優輔を、花火を見える場所まで連れ出す。
三井と3人で。
優輔:暁人と一緒に見たかったな。ごめん、泣いちゃダメだよね。心拍が上がっちゃう。
三井:そうよ。泣いちゃダメ。でも無理かな。優輔は花火見ると、泣いちゃうからね。花火のことが怖いって。
橘:お前は、今でもこわいんじゃないか?
優輔:なんだよ、2人して。
三井:怒った怒った。ハハハ。
優輔:やっぱり、笑ってるお母さんがいいな。

白石と藍沢
白石:悔しいね、暁人くん。
藍沢:方法があるのに、できない。
白石:そうだね。助ける方法があるのにね。 

緒方が、緋山におにぎりを開けてくれと。
一緒にどうだ?と言われて、食べる緋山。
緒方:なんかあった?暗い顔して。
緋山:今日私がやったこと。つまんない処置ばっか。最後は緊急オペに入ったけど、患者は死んだ。
緒方:らしくないな。緋山先生みたいなタイプは、自分の仕事にプライド持ってるんじゃないの?
緋山:私はほんとはね、お産の現場にいたんだけど、尊敬する先輩に頼まれて、救命の現場に戻ってきたの。後悔はしてない。私が戻ってきたことで、その先輩は、家族との時間ができて。もう別の人が入って。私の居場所なくなっちゃった。
緒方:なに言ってんだよ。頼まれて行ける場所があるだけいいじゃない。俺なんた、一番弟子に店取られちゃって。もうお先真っ暗、闇。
緋山:闇。ふふふ。
緒方:ひどいな。そこ笑うところじゃない。闇の中で暗くなっていたら、自分自身がどこにいるかわからなくなるだろう。だからこそ、気合いで明るくすんだよ。そしたら、周りも見えてくるんだよ。
緋山:なんか論理めちゃくちゃだけど。緒方さんて、ポジティブだね。ふふ。
緒方:ほら、笑ってるほうが可愛い。

天野奏と藍沢。
藍沢:君はすごいな。そこまで体調が悪かったら、一刻も早く手術をしてくれというのが普通だ。それだけピアノが好きなんだな。手術をすれば、後遺症が残る可能性はゼロじゃない。でもそうなったら、リハビリをすればいい。リハビリは辛い、時間もかかる。でも、君なら、乗り越えて、今と同じくらいピアノを弾けるようになると思う。君はとても強い。だから大丈夫だ。
奏:久しぶりに見た、藍沢先生の笑顔。なんか大丈夫な気がしてきた。私、手術を受ける。でも一つだけ条件がある。先生が手術して。
藍沢:約束する。

フェローたちの評価を書いている、白石。
白石:なんで名取先生はここに来たの?
名取:父親がここに行けって。

新海:軽はずみに、大丈夫なんて言うな。
藍沢:とにかく助けたかったんだ。あとで罵られようと構わない。彼女が生きているほうがいい。

緋山が緒方の病室に行くと、緒方の妻、ゆきが来ていた。

天野奏は、緊急オペに。




動画で見たい方はこちらからどうぞ 
フジテレビ公式サイト