弓道の基本、手の内の練習法をわかりやすく。手の内は弓道が弓術である時代から、射の良し悪しを決める重要な動作です。初心者のうちは上手く出来ずに痛みやマメが出来たり、崩れてしまったりという悩みが多いです。しかし、手の内の整え方は難しくはありません。上手くなるコツと練習法です。

弓道 手の内の練習法


弓を持たないで行う手の内の練習法
その1.左手を大きく開く。
  その時中指は腕の真ん中真っ直ぐにすること。左右前後に曲がってはいけない。

その2.親指の第一関節を入れる。(小指の方向に寄せる)
 その際、手の内側の親指の付け根に肉球が出てくる。
 この肉球の先を角見という。

その3.人差し指と親指のあいだを開く。
 ここのあいだに水掻きみたいな物がある。ここを虎口と言って弓を押す一線である。

弓道 手の内の練習法


その4.親指を反らし、股は開いたままの姿勢から、親指第一関節を強くいっぱいに小指に近づける。
  こうすると親指第一関節・角見で押す力が強まる。この押す力が大切である。

自然手の平は二つに折れる感じになり天文線の上下が寄って手の平に窪みが出来る。親指第一関節は入れ親指は極力反らせるようにする事が肝心である。上から見て第一関節辺りにへこみが出来る感じである。

その5.中指を曲げて親指第二関節の辺りにつける。
  中指を曲げるとき、薬指、小指も同時に曲がり、指先は一番短い小指に合わせつつくっつけるように曲げる。これを爪揃えという。 3指の指先も離れないようにすること、ややもすると薬指が前に出勝ちになるので一線になるように留意すること。
  親指先で中指の爪が半分隠れるくらいで輪を作り、この親指と中指は接着剤でくっつけたように射が終わるまで決して離してはいけない。
  これで、手の内のほぼ出来上がりである。簡単と言えば簡単なことですが出来ない人はなかなか出来ものである。指導方法や練習方法が悪いのであると考えた。

その6.人差し指の先は自然と曲げ、その指先を上に上げると親指第一関節の押し下げの力をます働きをする。角見の強化に役立てる。

弓道 手の内の練習法


その6. 正しい手の内がわかれば、次に自分の射法八節中の手の内を録画して確認してください。

すでに正しい手の内を知っているので、自分の手の内を見直し、何が悪いのか、何が違うのかを分析します。

その7. 小指側が親指側より前に出ているというのがわかれば、それは上押しがかかっていない状態。
上押しが弱ければ肘上から天文筋に向けてのねじり押し込む力をかけるのと、小指をしっかり絞める。

弓道 手の内の練習法


教本やネットなどで手の内の作り方はすぐに知ることができます。
しかし、指導者によって若干の違いがあることも事実ですので、美しい手の内、指導者や先輩に教わることが重要と思われます。

松尾先生の姿勢や手の内は大変美しく勉強になりますので、是非参考にしてみてください。

こちらからどうぞ
弓道上達の極意~的中率アップの練習法~【筑波大学体育会弓道部部長 松尾牧則 監修】