弓道の手の内の作り方を正しくマスター出来ていますか? 手の内は簡単に言えば 左手での弓の握り方のことですが、初心者のうちは上手く出来ずに痛みやマメが出来たり、崩れてしまったりという悩みがある方も少なくないでしょう。難しく考えると逆に手の内は悪くなります。

弓道手の内の作り方


弓道をはじめた人に気をつけて欲しい点の一つが手の内です。

指導者によって多少のニュアンスの違いはあれど、手の内の基本的な整え方は同じ です。

ただ流派によってはがらりと手の内が変わることもあります。

弓道手の内の作り方


弓手の手の整え方を「手の内」と呼んでいます。

弓道の世界ではこの手の内はとても 難しい射技の一つといわれています。

しかし、手の内の整え方は難しくはありません。 難しく考えると逆に手の内は悪くなります。シンプルに考える

弓道手の内の作り方


弓道に置いて左手、すなわち弓を握る手はとても大切になります。 ここでは、弓の握り方 。すなわち、手の内の作り方のコツを解説していきます。 弓道を続けると必ず一度は聞く かと思いますが、射法訓にもこのような一節があります。

弓道手の内の作り方


の内の作り方のポイントは 指を折り曲げた時にできる天文筋(てんもんすじ)という線 のあたりを弓をかまえたときの左前方につけておく 小指は親指の付け根と小指の付け根 を接近させるようにして絞める 親指と人差し指の又の皮を中に入れる

弓道手の内の作り方


手の内とは弓道における弓を持つ手の整え方のことです。手の内によって弓を支え、的 を狙います。ようは手の摩擦を利用する技術です。この手の内の作り方によって射が 決まるようなものなのでとても重要なことなのです。

弓道手の内の作り方


弓道とは、和弓で矢を射て、的に命中させる一連の所作を通して、心身の鍛錬を 目的とする日本の武道のことを指します。 弓道を行う上ではじめに学ばなければ ならないものは手の内と呼ばれる弓の握り方です。

弓道手の内の作り方まとめ

『相手に手の内を読ませない』などの言葉が有るように、弓道に於いて手の内とは基本でありながらも最重要要素と思われます。

手の内の善し悪しで弓構え~離れまでの一連の動作が善くも悪くなるものと思います。

ですので、正しい手の内は教本や正しく美しい手の内をした先生、先輩に教授願いましょう。

とはいえ、なかなか上達しないものですよね。
練習あるのみ!で解決するのもではありません。

動画だと、直接教えてもらうより、一人で落ち着いて何度も見返すことができるので、実際の練習の予習復習にぴったりですよね。

じっくり家で動画を見て正しい手の内を学びましょう。

筑波大学体育会弓道部部長 松尾先生の弓道講座はこちらから

弓道上達の極意~的中率アップの練習法~【筑波大学体育会弓道部部長 松尾牧則 監修】