半熟キャバクラ突入。じわじわ人気が出ているという「半熟キャバクラ」とは!?男性客を癒す30歳代半熟キャバ嬢たちの魅力とは?彼女たちの何が男性客を引き寄せるのか、通常のキャバクラよりも女性の年齢層が少し高めの「半熟キャバクラ」。その魅力を深掘りする。



半熟キャバクラは、アラフォー世代に人気があるそうです。
マツコ会議でマツコ、
「取り残されたバブルみたい!」との発言。




半熟キャバクラって?

熟女って何歳からなんでしょうね。
そこから見て半熟ってことだと想像できます。


通常のキャバクラは年齢層が20代前半までのキレイどころ。
半熟キャバクラは、20代後半から30代後半の
女性が在籍しているキャバクラの事だそうです。


まあ、好みはいろいろなので、落ち着いた年代が好きな人の需要があるのでしょうね。


でも普通のキャバクラだって
年齢を偽って30代の女性でも
在籍していますよね。

若ぶっていても、隠せない…



半熟キャバクラってどこにある?


11月25日放送のマツコ会議では
東京・神田の

「神田エゴイスト」
【住所】東京都千代田区内神田3-22-10 ハチヤビル2F
(神田駅から徒歩3分)

【営業時間】19時~25時

【定休日】日曜日、祝日

【セット料金】3500円

【指名料】1000円


この値段って一般的なキャバクラからすると安いんでしょうか。
わかりません。
やっぱり安いのかな?

神田エゴイスト



マツコ会議で音連れたこの神田エゴイスト。
20時から25時まで満卓という。
ということは、人気なんですね、半熟女。


このエゴイストというお店は、神田だけでなく
系列店も
それぞれ「浅草橋・御徒町・両国」に
あるようです。


半熟キャバクラが人気の理由

マツコ会議でマツコがその人気の理由を突っ込んでくれました。
それなりに美人のキャバ嬢も結構いますし、高級店からの人もいるようなので、
接客は期待できるでしょう。



キャバクラに何を求めるかによりますが、半熟キャバクラを訪れる人は、若い子よりも落ち着いた接客を期待しているのかな、と思います。

こればっかりは好みもありますので、男性にしかわからないか。


まとめ

半熟女という言葉がかつての熟女ブームのようにどこまで広がるでしょうか、半熟キャバクラ次第のような気がします。
地方都市にも広まっていくのでしょうか。


高齢化の日本としては、若い子ばかりより半熟のほうが敷居が低いです。
元気な時は若い子でいいけど、疲れちゃったら半熟で落ち着きたいかも。

そうしたら、半熟女たちは年齢を偽らずに働く場所が増えますね。