民衆の敵第2話に水川あさみさんゲスト出演します。第1話は桐谷美玲さんと成田亮さんでした。驚きましたね!なんとぜいたくなゲストなんでしょう。桐谷美玲さんは、篠原涼子さんの勤める会社の同僚役、成田亮さんはほんのちょっとの出演でした!見逃してしまった方も多かったのではないでしょうか!残念!!!





民衆の敵第1話の見逃し配信はこちらからどうぞ



民衆の敵 第2話あらすじ

第1話で佐藤智子(篠原涼子)は晴れてあおば市議会議員となり、初登庁します。


藤堂誠(高橋一生)と登庁途中で会い、一緒に新人議員用に用意された研修室に行くと、中から怒鳴り声が聞こえる。



新人議員研修室は、河原田晶子市長(余貴美子)が創設したもの。それに対してベテラン市議の前田康(大澄賢也)が文句を言っているのだ。


市議会で多数を占める犬崎和久(古田新太)派の前田、怒鳴られているのは河原田晶子市長(余貴美子)の秘書、望月守(細田善彦)。


前田康(大澄賢也)は、研修室は河原田晶子市長(余貴美子)が新人議員を自分に囲い込もうとする手段ではと憤るが、秘書、望月守(細田善彦)は否定している。



何もかも初めての智子はさっぱり理由がわからない。



 しばらくして始まった本会議議場に智子が向かうと、後ろの席で居眠りをしている前田に気づく。


智子は手元の資料を丸めて前田の頭を叩いて起きるようにと一喝する。




この行動に傍聴席が湧いた。様子を見に来ていた平田和美(石田ゆり子)も思わず笑ってしまうが、これがきっかけで智子はボスの犬崎に目を付けられることになる。

智子が議会後、研修室に戻ると、小出未亜(前田敦子)、岡本遼(千葉雄大)、園田龍太郎(斎藤司)の三人が議会で前田を叩いたことを非難し始めた。





犬崎派の幹部の前田に何をしてしまったんだと…。

寝ていた議員を起こすのは良いことだし、そんなに騒ぐ意味が分からないと反論する智子だが、犬崎派議員の控え室に呼び出されてしまう。

犬崎は智子に、次の議会で前田に謝罪して自分の会派に入れと告げる。

納得のいかない智子。答えを保留するが、犬崎は入りたい委員会も考えておけと伝えた。



さて、犬崎に目をつけられた智子は…。




水川あさみ役どころ

水川さんが演じるのは山下圭子という主婦。圭子が相談するある悩みは、今後の智子に大きな影響を与えることになります。



山下圭子(水川あさみ)は、ある小さな公園が、迂回路のために撤去の計画があるという。

しかし、その公演をを失いたくないと訴えているのだ。反対しているのは、圭子(水川あさみ)ただひとり。

智子は彼女の公園への思いを理解しつつも、その望みのためには迂回路は出来なくなってしまう…。

智子は市民の幸せのために何ができるのか?真剣に考え始め、ある決断を下すのです。

智子は圭子の言葉を受け、市議としての強い決意を抱いていくのです。


水川あさみのコメント

(圭子の)公園をなくさないで欲しい…と自分の強い思いがセリフに込められていて。ひとりでも立ち上がって誰かに伝えようとするのは、なかなか勇気がいることですし、できるようでできないこと。その意志の強さを意識しました」


まとめ

民衆の敵、毎週豪華ゲストが楽しみですね。

レギュラー出演とならないのでしょうか。


民衆の敵、政治の話ですが、女性ならではの視点、智子の活躍を期待しています。
同じ女性、主婦としてエールを送りたいです!!!


民衆の敵 見逃し配信はこちらです