民衆の敵 感想 4話あらすじも。高橋一生さんと今田美桜さんの関係が!主人公佐藤智子(篠原涼子)が市会議員として市民のために働こうと行動開始!孤食の子供たちの居場所を作ろうと市民の協力を得る。昔の人情の厚かった良き時代を取り戻そうと、市民の共感を得るが…






「民衆の敵 4話」 感想ですが、その前にあらすじを振り返ります。

第4話あらすじ

帰宅した佐藤智子(篠原涼子)を公平(田中圭)が甲斐甲斐しく出迎えた。いつもと違う様子に智子が疑問を持つと、公平は「記帳してきた」と通帳を見せる。すると智子は大声をあげると、駿平(鳥越壮真)とあかね(野澤しおり)が驚く。実は智子に初めての議員報酬が支払われ、その額に驚嘆の声をあげてしまったのだ…。
ともあれ、念願の報酬をもとに公平は焼き肉パーティーを企画。あかねを迎えに来た平田和美(石田ゆり子)も交えて食事を始める。浮かれる佐藤夫婦に、来年は税金も上がると釘を刺す和美は、もうひとつ懸念を抱えていた。

その頃、あおば市では開発が進もうとしていた新しい港の建設、ニューポート計画の中止を河原田晶子市長(余貴美子)が公約通りに宣言。和美の新聞社では市長の独断を牽制するような一文が掲載された。もともとニューポート計画を推進していたのは犬崎和久(古田新太)の派閥。和美は新聞記事には動きが見えるのに、犬崎たちがおとなしすぎるのが気にかかっていたのだ。智子も、市長と犬崎が和解するはずがないと和美に同調する。
一方、小出未亜(前田敦子)は岡本遼(千葉雄大)の地元商店街でランチ。商店街はすっかりさびれ、もともとここで電器店を営んでいた遼の実家も夜逃げしていた。古い店がシャッターを閉める中、二人が入ったのはファミリーレストラン。ウエイトレスに案内されて席につこうとする遼に商店街のおばちゃんたちが声をかけて…

商店街のおばちゃんたちから、町の実情を聞いていると、両親が仕事のために、家に帰っても一人の子供、貧困でまともに食事をとれない子供たちの問題がわかりました。
そこで、子どもたちの面倒を見たり、「こども食堂」や「学童保育」「宿題教室」などのアイデアが次々に飛び出した。
しかし、市の仕事として動くには、審議にかけなければ実行することはできないのだ。

岡本遼(千葉雄大)からは、審議や予算などのこともあり簡単に始めるのではなくきちんと制度として確立していこうという意見が出るが、緊急の問題だと智子だけはすぐにでもやりたいと話を聞かない。

そして、智子はひとりで「子供食堂」を始めてしまった。


智子は、第3話で独りぼっちの女の子を家に誘って問題になった一馬(渋谷謙人)を連れ出して商店街でチラシを作った。
子どもたちに「ひとりでいる君へ」と語りかけるようなチラシ。
しばらくは行列ができるほど大盛況だった。

いっぽう、新しいアウトレットパークが完成し、その竣工記念の式典に藤堂(高橋一生)も参加し祝辞を述べているところに偶然通りかかった莉子(今田美桜)。
「ワタナベさん?」と演説をする藤堂(高橋一生)に驚いている。
https://twitter.com/minshuuno_teki/status/931489057128923136


大盛況の「こども食堂」。
喜ぶ子供たちがいるいっぽう、託児所代わりにこどもを連れてくる母親もいた。

行列ができるほどの賑わいに、仕事が大変になるにつれ、伝ってくれた近所の人たちも負担が大きくなり忙しすぎる状況に追いつかない。
その状況を見た岡本遼(千葉雄大)は

「これ以上続けられません」

と大きな声で来た人たちに謝った。「こども食堂」に入れないと聞いた大人たちは口々に文句を言って帰っていった。

岡本遼(千葉雄大)はこの智子の無計画な活動に「文化祭レベル」だと批判的に言った。
https://twitter.com/minshuuno_teki/status/932184440142307328
智子(篠原涼子)は反省した。
子どもたちの幸せを願って構想したことが、市民の方々に迷惑をかけてしまったという結果に終わったのだ。

しかし、岡本(千葉雄大)は「こども食堂」に関してあきらめていなかったのだ。
自分なりに決議案を提出しようと議案書を作っていた。

智子は休業している「こども食堂」の前で自分のやり方を悩んでいた。
そこに市長の秘書望月がやってくる。
望月は


「自分が福祉課などにもっと根回しをしておけばよかった」


と謝るが、智子は自分のやり方が焦りすぎて迷惑をかけてしまったと反省する。


藤堂(高橋一生)も閉まってしまった「こども食堂」に残念そうだったが、それでも智子ならできると智子を励ます。

議会では岡本が「こども食堂」決議案を提出した。
岡本の訴えで議会の賛同を得て、改めてこども食堂が開店することができたのだ。
議会では市長派の岡本の決議になんと犬崎派も賛成したのだ。

議会での犬崎派の賛成にアドバイスをした藤堂も驚いていた。
藤堂のアドバイスは、智子が犬崎(古田新太)に議案が通るように頭を下げて頼むことだった。
智子は藤堂のアドバイスを受け、犬崎に頭を下げ頼んだのだ。
犬崎も「ひとつ貸しだぞ」と何故か智子に協力した。

そして、こども食堂が無事に再スタートした。


民衆の敵4話感想

議会の前に、智子(篠原涼子)は犬崎(古田新太)に頭を下げた。
多数決で議案が通るという数の論理を知ったのだ。

困っている子供たちを救うために下げたくない頭を下げた智子。
子どもたちのために進んで協力する高齢者たち。

街はさびれても、まだまだ下町の人情ははつながっている、と熱くなるものがありました。


子どもたちの孤食、貧困は現実も大変です。
軽い感じがぬぐえないところは残念ですが、社会問題を取り上げて解決していく一市民の主婦議員の奮闘ぶりは、つい応援したくなります。

こんなに行動的で目線が同じ議員がいてくれたら本当にありがたいなあと思います。

また、犬崎(古田新太)の「これは貸だぞ」という不遜な笑みに悪い予感がしました。
まだまだ古田新太さんのキャラクターから言っても犬崎(古田新太)の暗躍ぶりは隠されていそうで、これからが見ものですね。
古田新太さんといえば、朝ドラの「あまちゃん」の中で、秋元康さんをモデルにしたプロヂューサー役が強烈で忘れられません。



藤堂(高橋一生)と莉子(今田美桜)の関係はどうなるのでしょう。
藤堂(高橋一生)の本当の姿を知ってしまった莉子(今田美桜)は、裏の顔を理由に脅すのか、はたまた藤堂(高橋一生)の表の顔を知っていることを隠して藤堂(高橋一生)の闇を知り、愛が生まれていくのか。

今後の展開は智子は政治の闇を知ってしまい苦しむようです。
政治の闇を知ってしまい、どのように議員として市民のために働いていくのか。
ドラマとして政治の闇をどこまで描けるのか。

いろいろな方面で楽しみです。


関連記事⇒民衆の敵 エキストラ募集
関連記事⇒民衆の敵宇野実彩子の役は?
関連記事⇒篠原涼子髪型 ショート 最新がかわいい
関連記事⇒民衆の敵の視聴率11月6日放映は?
関連記事⇒民衆の敵 視聴率 速報!4話はアップ!