岡田准一さんと宮崎あおいさんの結婚が報じられました!二人が出会った共演作品を見ていきましょう。そもそもから二人は夫婦役だったんです。でも、そのころ宮崎さんは結婚していました。

出会いの作品

平成20年の映画「陰日向に咲く」



「陰日向に咲く」

「陰日向に咲く」は、人気お笑い芸人、劇団ひとりの大ベストセラー処女小説です。
主演に岡田准一、妻役に宮崎あおい、西田敏行、三浦友和。

あらすじ
夏の日の東京。
東京観光バスの運転手をしているシンヤ(岡田准一)は、ギャンブルから足を洗えず、借金まみれの多額の借金を抱えてもパチンコを止められずにいた。
そしてシンヤはオレオレ詐欺に手を染め、老婦人をだまそうとする。

街で寿子(宮崎あおい)という女性と出会う。

目立たず、でも一生懸命に暮らす人達の物語。陰でひっそり暮らしていても、それぞれドラマのような人生がある
いろんな人のいろんな人生のドラマがすれ違い、ふれあって、最後一つに集約されていく
強い人間ばかりでなく、みんな欠点を持って懸命に生きる姿が心をうつ映画です。


感想

A さん
岡田さんがギャンブル依存症を演じるのには、品が良すぎた
B さん
原作本もよく出来ているが、映画もまさに映画バージョンになっていて泣けたわー。劇団ひとりってスゴい人なんだと感心した。





「天地明察」


「天地明察」は2010年本屋大賞第一位のベストセラー小説です。
作者は冲方丁(うぶかたとう)。

映画は2012年。監督は「おくりびと」の滝田洋二郎監督。


あらすじ

江戸時代前期。

主人公の安井算哲(岡田准一)の生まれた安井家は将軍に囲碁を教える名家であるものの、算哲自身は出世欲のない不器用な男だった。

星の観測と算術の問いを解くことが好きで、あまりにも熱中しすぎて周囲が見えなくなることもしばしばだった。

算哲は形ばかりの勝負となった囲碁に次第に疑問を抱き、真剣勝負の場に身を置きたいとの願いを持つようになる。

そんな算哲を、将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は暦の誤りを正す任に抜擢する。800年にもおよび使われてきた中国・唐の時代の暦がずれてきたため新しい暦を作るというこの計画には、星や太陽の観測をもとに膨大な計算を必要とし、さらには本来なら朝廷の司る改暦に幕府が口を出すという朝廷の聖域への介入という問題をはらんでいた。

算哲は師や友人、算哲を慕いやがて妻となったえん(宮崎あおい)や、彼のよき理解者であった水戸光圀(中井貴一)らに支えられながら、この難関に誠実に取り組んでいく……。


天地明察 感想

Cさん
暦を作るというテーマが地味なだけに、出演者が豪華でうれしい。
D さん
壮大なストーリー。何度失敗してもくじけず進んでいくく主人公を応援しながら観た。





宮崎あおいさんの離婚

出会いの作品は2008年の映画「陰日なたに咲く」での共演だったようです。

続いて2012年の「天地明察」で共演と続きます。

宮崎あおいさんは2007年に俳優の高岡蒼佑さんと結婚しています。
そして2011年に離婚しています。

離婚のきっかけは、高岡蒼佑さんの韓国批判が強烈だったこと。

韓流ドラマからのフジテレビ批判へとつながり、韓国人タレントまで批判したり、最後は事務所を解雇されるまでの騒ぎとなりました。

高岡蒼佑さんはアメリカ留学の経験もあることから、自分の意見には歯に衣着せないところがあるのかもしれませんね。

不倫?

岡田准一さんと宮崎あおいさんの熱愛報道の最初は、まだ宮崎あおいさんの結婚中に二人が温泉旅行に行ったというものでした。
当時、岡田准一さんは高岡蒼佑さんに呼び出され、スマホに保存していた親密写真とメールを証拠として突きつけられたという話が残っているほどです。

このことで岡田准一さんは高岡蒼佑さんに詫び、岡田准一さんは一時休業まで検討された事件でした。

これがきっかけか否か不明ですが、宮崎あおいさんは高岡蒼佑さんと離婚しました。

熱愛目撃情報

2016年 伊勢神宮




この時はすでに離婚していたので問題はないです。

まとめ




二人の出会いから共演をまとめてみました。

2007年 宮崎あおいさん俳優の高岡蒼佑さんと結婚

2008年 映画「陰日なたに咲く」で岡田准一さんと宮崎あおいさんの共演

2011年 宮崎あおいさん俳優の高岡蒼佑さんと離婚

2012年 「天地明察」で岡田准一さんと宮崎あおいさんの共演

ビッグカップルの誕生です。
お幸せをお祈りいたします。