ローラが、10年契約のおそろしい奴隷契約書を結ばされた、との情報が!6月に謎のtwitterをあげて心配されていたローラ。事務所と結ばされたとんでもない契約書のトラブルからか、とうとうLAの空港で倒れ、うつ病寸前!と診断されました。奴隷契約書と言われている中身を見てみましょう。

騒動のきっかけ




https://twitter.com/RolaWorLD/status/875966995098812416





今年6月16日から17日、ローラはtwitterで




〈ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる〉



〈10年の信頼をかえして〉



などと、連続しての投稿をしていました。



以前から所属事務所とのトラブルがウワサされていたので、デビュー10周年ですので、そのことが原因と想像されます。



今回「週刊文春」の取材によって、そのトラブルの原因は、ローラと所属事務所「LIBERA」の間で結ばれていた奴隷契約書と言うことが判明しました。


事務所とのトラブル

事務所社長とのトラブル

ローラは、2007年、高校3年生の時に渋谷で現在の所属事務所「LIBERA」の創業者で代表取締役の羽布津康史氏(39)に、スカウトされました。



当時から目立って可愛かったのは言うまでもありません。



ローラと契約してから、小さかったLIBERAは急成長をします。



民間調査会社によると、LIBERAの2016年度の売上高はなんと、約8億円だそう。。。



その9割がローラ関連だそうですよ!!!


しかし、羽布津社長とローラは、数年前から、たびたびぶつかっていた模様です。


2010年、ローラは「専属芸術家契約書」にサインしています。



事務所関係者によれば、A4サイズで計5枚におよぶ書面には次のような一文が記されていたとのこと。



『本契約の有効期間は2010年7月1日から2020年6月末日までの満10年間とする。』


「しかも契約満了を迎えても、自動的に10年間の契約が更新されることになっている。またローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約でした。まさに現在、問題視されている“奴隷契約”そのものです」(事務所関係者)




『ローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約』



ひどくないですか?




しかし、

契約自体はその当時、ローラ自身が承諾してサインしたものと思ってしまいますが、ローラは脅されてサインしてしまったようなもの。



芸能人が売り出すためには事務所の力は不可欠。
多少納得がいかないところがあっても、YESと言わざるを得ないのはわかります。



サインしなければ、ローラの現在の地位は無かったのかもしれませんよね。



本人の才能、努力だけではままならない世界なのでしょう。


その中で頑張って仕事をしてきたローラです。

ツイートでの「裏切られた」という発言は気になるところです。
所属事務所は

ツイッターの内容が事務所社長と彼女のトラブルと言う認識はありません。
所属タレントの契約内容は開示できません。
契約をめぐるトラブルについてそのような事実はありません。

契約書のおかしい点

1. 有効期間:10年  2010年7月1日から2020年6月末日

芸能事務所のタレント契約は通常1年から3年が一般的だそうです。

2. 自動更新:契約を満了しても自動更新される

 契約更新解除も、事務所の承諾がないと無効。

3. 契約解除後、2年間芸能活動はできない

このNo.3に関しては、法律的に問題がありそうですよね。

追い詰められるローラ

羽布津社長の攻撃はまだ続きます。

羽布津社長は、ローラが事務所をやめたがっているのを疑い、

「事務所を辞めるならローラの暴露本を出してやる」

とか

「日本だけでなくアメリカでも活動できなくしてやる」

うわああああ、こわい

ローラは親友に

「こんな状態があと何年続くんだろう。もう限界!」

とこぼしていたそうです。

そして、この流れのあった後、5月下旬に、ロサンゼルスの空港で入国審査を待っている時にパニック障害のような発作が起こってしまったのです。



ローラさんの親友の話によると、実は2年も前からローラは不眠で悩んで医療機関で受診を受けていました。

最近のローラの様子は?

文春はアメリカロサンゼルスでローラを突撃取材しました。

ビバリーヒルズとハリウッドを結ぶ目抜き通りです。

表情をこわばらせながらも

ローラ「心配してくれてありがとう。
うん、私頑張る。
これからもみんなをハッピーにするから待っててね。」

といつもの明るいローラに戻って去っていったそうです。

契約書が有効な限り、事務所との関係を良好に保ちながら今の事務所でやっていくしかありません。



人一倍明るいキャラクターが売り物のローラ。




https://twitter.com/RolaWorLD/status/885821164542541824



いつものあかるいローラにもどってくれるのをファンのみんなは待ってる!

ローラプロフィール

生年月日:1990年3月30日 (27歳)


出身地:東京都


身長:165 cm


バラエティタレント、ファッションモデル、女優、歌手、食生活アドバイザー


家族:バングラデシュ人、日本人、ロシア人の混血で、国籍は未詳。双子の兄がいる


事務所:LIBERA所属。


まとめ

大人の世界は、いろいろありますが、芸能界は大変なんでしょうね。

テレビでは明るいローラしか見たことがありませんよね。


みんなに好かれるキャラクター。
悩んでいる姿は見たくありません。



辛いこともあるでしょうが、頑張ってほしいです。