ものまねタレント清水アキラの息子、清水良太郎(29)は、2017年10月10日ごろに東京・池袋のホテルで覚醒剤剤を使用したと覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われ、東京地裁は12月22日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡し、判決後の日の夕方、東京拘置所から釈放されました。





清水良太郎(29)は、判決の出た22日の午後5時20分過ぎ、都内の自宅に戻りました。

10月12日の逮捕後は、父でものまねタレントの清水アキラら家族は息子に反省を求める意向で、保釈されることなく、拘置所にいました。


清水アキラのコメント




父でものまねタレントの清水アキラは会見を行う予定はなく、自宅前に集まった報道陣に書面でコメントを発表しました。

関係各位様

本日、判決がでました。

これで終わったわけではなく、社会的な責任を重く受け止めております。確実に更生するには、家族のサポートも重要だと思っておりますが、良太郎本人の自覚と強い意志がなければ、乗り越えることはできないと思っております。

この度は、清水良太郎がお騒がせし、多くの皆様に多大なご迷惑をおかけいたしました。深くおわび申し上げます。

  平成29年12月22日

     清水アキラ

釈放される





釈放された清水良太郎被告は、22日の午後4時35分頃、黒スーツにネクタイ姿で、神妙な表情で拘置所前の報道陣の前に現れました。

清水良太郎被告
このたびは多くの方々に大変なるご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした

と大きな声で謝罪後、深々と15秒ほど頭を下げました。

その後、記者たちからの問いかけには答えず、駆けつけた兄・友人たちと車で拘置所を去りました。


事件のあらまし





関連→清水良太郎 逮捕 相手の女性は風俗嬢?


事件は2017年10月10日。

一緒にいたデリヘル嬢が「薬物を飲まされた」と110番通報し、清水良太郎は11日に逮捕されました。

同日清水アキラは息子の逮捕に関しての会見を開きました。

違法賭博疑惑に続き、薬物使用での逮捕です。

清水アキラは息子の再三にわたる不祥事に涙を流しながら

「バカヤロー!って言って突き放したいですけど、家族ですから…。家族の中で、みんな一生懸命やってるんですけど、そういうやつも…。でも、家族なんですよね」

清水アキラは息子の今後の芸能活動について「とりあえず自分の事務所はクビにする」ときっぱり言い放ちました。

息子が復帰を希望した場合でも「その気はありません」と切り捨てた。

まとめ

清水アキラ酸の三男清水良太郎被告は、イケメンで歌もうまく好青年のイメージでしたので、事件を聞いたときは耳を疑いました。
しかし、これからも人生は長い。
家族は見放したくても見放せない。

どう立ち直っていくのか。
父親の清水アキラさんは、物まねタレントとして世間に笑いを届けていただけに、息子の逮捕後の会見、釈放後のコメント発表など、有名人は注目されているだけに余計に大変だと思います。