広瀬すずの映画2017は、「先生!」で決まり!主題歌は、人気バンド「スピッツ」の書き下ろしの新曲「歌ウサギ」に 決定しました。生田斗真と広瀬すずの初共演で、河原和音氏の人気少女漫画の映画化です。河原氏は連載当時。スピッツの曲から世界観のヒントを得ていたそうです。

「 先生!」映画の主題歌はスピッツ新曲

10月28日に公開の映画『先生!』の主題歌を、スピッツが新曲「歌ウサギ」で担当することとなった。
スピッツにとってこの曲は映画『櫻の園-さくらのその-』以来、9年ぶりとなる書き下ろし主題歌となります。

初恋を 経験したすべての人が共感できる、純愛ソングとなっているそうです。

「 先生!」映画の主題歌はスピッツ新曲


映画「先生!」主題歌として、 スピッツが書き下ろした楽曲『歌ウサギ』と、 歌詞の一部が 流れる特別映像がニュースなどで公開されました!

突然の解禁にスピッツファンなどの反響も 大きく 「凄くいい歌」「声がたまらない」と話題! 原作者の河原和音氏も監督も大絶賛のこの曲。

スピッツは映画『先生!』のために「歌ウサギ」を書き下ろしました。



「恥ずかしい思い出と向き合いながら作った曲ですが、この可愛い恋愛映画に寄り添うことが出来れば幸いです」とコメント。


広瀬すず映画 「 先生」主題歌はスピッツの新曲

「歌ウサギ」は、7月5日にリリースされるスピッツの結成30周年記念作品『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』に収録されています。

スピッツのコメント
恋愛は大体がキレイ事ではありません。でもそんな中で悩んでもがくのが醍醐味だとオジさんたちは思うのです。
恥ずかしい思い出と向き合いながら作った曲ですが、この可愛い恋愛映画に寄り添うことが出来れば幸いです。

「 先生!」映画の主題歌はスピッツ新曲


歌ウサギの歌詞の中の「僕」。

「歌ウサギ」は僕と君の気持ちを丁寧に歌った歌なので、「僕」という一人称を使っていると考えられます。

しかし今までのスピッツの歌には「君」も出てきますが、

「夏の魔物」でも「青い車」でも、すぐに死を感じてしまいましたよね。

今回の「歌ウサギ 」ではどうでしょうか。

私が「歌ウサギ 」の歌詞の中で気になったところは



フタが閉まらなくて
溢れそうだよ
タマシイ色の水
君と海になる



フタとタマシイをカタカナにしているのは、意味がありそうで、気になりませんか?




では、どういう意味があるのでしょう。

「フタが閉まらない」というのは君に対する想い。

君に対する想いはフタをしても溢れてしまうよ、ということになります。

それだけ想いが強いことを表現しているわけなのを強調したいために「フタ」とカタカナで表しているのではないでしょうか。。



次に、「タマシイ色の水」とは水の色を表しているのではありませんよね。

その水の想いの強さを示す言葉だと想像できます。

感情が高ぶって出てくる水といえば、当然涙です。

すると、タマシイ色の水=涙と結びつきます。




「君と海になる」とは、君と一緒に泣くということで、つまり、君と僕は一緒に泣ける状況にいる、ということになりませんか?
つまり、彼女は死んでいない。

「 先生!」映画の主題歌はスピッツ新曲


スピッツの「歌ウサギ 」の歌詞ですが、彼女を死なせたくないために、私なりに勝手に解釈してみました!

皆さんはどう思われましたか?



「先生!」原作はこちらから読めます。